Dixie Bounds | アメリカ南部のルーツ・ミュージックをこよなく愛する福岡(博多)のバンド

Dixie Boundsの公式ウェブサイトへようこそ!

Dixie Boundsは、まだよく知られているとは言えないアメリカ合衆国南部のルーツ・ミュージック(ブルース、ゴスペル、ジャズ、カントリー、初期のロックやソウル)の広く深く豊かな世界を、みなさんと一緒にじっくりと味わっていくことを目的として、今年(2016年)の夏に結成されたばかりの福岡(博多)のおやじバンドです。
アメリカ南部行き音楽列車「Dixie Bounds」号へのみなさんのご乗車を、「Dixie Bounds」号乗務員一同、心よりお待ち申し上げております!

About Roots Music / ルーツ・ミュージックとは

ルーツ・ミュージックとは、広義には民族音楽を意味しますが、狭義には現代のロックやソウルの母体となったアメリカ音楽(ブルース、ゴスペル、ジャズ、カントリー、初期のロックやソウル)を指します。
特にアメリカ南部では、今もこれらの音楽がその逞しい生命力を保っていて、商業主義的な音楽とは一線を画す存在として、多くのミュージシャンやリスナーからの尊敬を集めています。

Members / メンバー

Ken & Rie (vo/cho)

Ken & Rie (vo/cho)

Dixie Boundsのフロントを務めるおしどり夫婦。実は新婚旅行もアメリカ南部だったという音楽バカ。

デューク松尾 (g)

デューク松尾 (g)

サザン・フレイバー溢れるサウンドを聞かせる、洒落っ気とユーモアたっぷりのおやじギタリスト。

ミニー長崎 (p/or)

ミニー長崎 (key)

ジョニー・ウィンターとディズニーを語らせると、留まるところを知らない饒舌キーボーディスト。

カッパー酒井 (b)

カッパー酒井 (b)

人並み外れたぶっとい音で最高にご機嫌なグルーブを紡ぎ出す、寡黙で腕っこきのイケメンベーシスト。

ダンディ桐原 (ds)

ダンディ桐原 (ds)

妻と酒と愛車ドゥカティをこよなく愛する、バンドの音楽的・精神的な大黒柱であるベテランドラマー。

↑ PAGE TOP